忍者ブログ
福岡市のアロマサロン「かすみ屋」の日記。お手軽なアロマレシピや香りにまつわるお話をお届けします。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜に香る花
2009年5月のフランス旅行記はこちらから(更新遅れてますが)。

昨晩ふらりと立ち寄った近所のスーパーで珍しい花を買いました。



写真では大きく見えますが、これはかなりアップにしているからで実際は小さいつつましい感じの花です。

プレートには「夜来香(イエライシャン)」とありました。昔のヒット曲にもなった、夜に甘い香りを漂わせる花です。おお珍しい!良い香り!と即買いしたのですが、帰り道でちょっと違和感が湧いてきました。昔植物園で見た夜来香は添え木に這わせた蔓に咲いていたような気がするのです。別な品種だとしてもはたしてこんなに立派な茎を持っている夜来香があるんだろうか…。それにあの時の夜来香はもっと軽い涼しげな香りだった。この花はとにかく甘く重くその点でもかなり違う。

帰宅後調べてみましたら、やはり正式に「夜来香」と呼ばれるものはガガイモ科の蔓性の植物でした。たぶんこのように切り花として飾るのは無理な形です。それに熱帯の植物ですから日本でも温室栽培がほとんど、こんな風にお手軽な値段で売りに出されるものではないと思うのです。→参考サイト様

香りや形からして、この花はどうもチューベローズ(月下香)の仲間のような気がします。そしてさらに調べていくとこのチューベローズや、やはり夜に花開く夜香木という植物も「夜来香」と呼ばれているらしいことを知りました。そういえば私の母も夜香木のことを夜来香と呼び、何度言っても直す気がないようです。母だけの間違いではなかったのですね…。

戦後発売された山口淑子氏の「夜来香」という曲は大変ヒットしたと聞きます。なのでその時代を過ごされた方々にとっては、夜に芳香を漂わせる花=「夜来香」になってしまっているのではないかなと思ったりもします。

昨晩寝室に飾っておきましたのでとても良い香りの中で眠ることが出来ました。朝になるとあの香りはどこへやらという感じなのですが、また夜になると戻ってくるでしょう。数日はもつと思いますので、夜のご予約のお客様にもお楽しみいただけることと思います。

●励みになっています。よかったらクリックお願いします。
(もしできることなら1日1回。そしてできることなら3つとも。どこまでもあつかましい)

 blogram投票ボタン 福岡よかともランキング

拍手[2回]

PR
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 355 - 353 - 352 - 351 - 350 - 349 - 348 - 347 - 346 - 345 - 344
prev  top next
プロフィール
NAME:  かすみはら(かすみ屋)
福岡市中央区大名でひっそりとアロマサロンをやっています。エッセンシャルオイルに限らず、いい香りのお話が大好物です。香水作りのワークショップ、セラピストさんの勉強会なども時々やっています。
mixiコミュニティ:Aromahausかすみ屋
このブログの内容の無断転載や配布はお断りいたします。引用する場合は、媒体に関わらず当ブログが出典であるとわかるよう明記してください。 詳細はこちらまで。
ブログ内検索
Twitter
http://twitter.com/kasumiya
時々なんかつぶやいています。よかったらフォローしてやってください。
登録リンク集様
アクセス解析
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]