忍者ブログ
福岡市のアロマサロン「かすみ屋」の日記。お手軽なアロマレシピや香りにまつわるお話をお届けします。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サロン訪問記/アロマサロン kayaroma(福岡)
大変お久しぶりのサロン訪問記です。
復帰したは良いもののブログに書くことないもんだから人様のところでネタ探し、ついでに私も気持ちよくなって一石二鳥、ああ素敵。

今回のサロンは室見のアロマサロン kayaromaさん
オーナーセラピストのいのうえさんはちょくちょくうちの勉強会やワークショップ等にご参加いただいていたのですが、今年9月にサロンを正式オープンされました。開業準備中からブログを拝見し、早くお訪ねしたいなとずっと思っていたのですがなかなか都合がつかずずいぶん遅くなってしまったのです。

場所は地下鉄空港線室見駅より徒歩5分くらい。室見は初めて降りましたがええとこですね!
こぢんまりとしたお部屋ではありますが、窓からは室身川が見え天神近辺では考えられない開放感にあふれたロケーションです。



お願いしたのはボディーの60分コース。もろもろの疲れがたまった体には極楽です。
写真を撮らせていただこうと気づいたのはトリートメントの後だったので私が寝散らかしたベッドが写ってしまうような構図では撮影できず。前に気づけば良かった!
10月の末でしたのであちこちにハロウィンの飾りがありました。次はクリスマスよね~、などと盛り上がれるのもサロン経営者同士ならでは。



こちらはオイル類のワゴン。ちと小さいですが整然とならんだ精油のビンにご注目。蓋に貼ってある精油名のラベルはきちんとPCで印刷されたものなのです。私の汚い字で手書きという選択肢しかなかったので目からちょっとウロコ落ちました。いいかげんうちでも整理しないとなあ…。



訪問日がオープン記念期間最終日とのことでいただいたプレゼント。いのうえさんのお母様手作りのアイピローです。ラベンダーがとても良い香り。丁寧な説明書つきです。
それから遮光ビンに入ったトリートメントオイルの残り。ボディ用なので「体」のシールが貼ってあるところが個人的にツボでした。

いのうえさんは何を隠そう私がつねづね自慢している「ウチの勉強会には美人が多い」説の根拠となるお1人であり、たいへん真面目でひたむきなお人柄だと思っていたのですが(というか今でも思ってますが)、ブログでは時折違う顔をお見せになるのが楽しくてちょくちょく覗かせていただいています。どんな顔か?それは読んでからのお楽しみ。

もちろん私もまだまだえらそうなこといえる立場ではないのですが、勉強会などに来てくださった方がこうしてサロン活動をスタートされるのは嬉しいものですね。ほんの少し先に始めたものとして恥ずかしくないよう、また共に盛り上げていけるよう頑張らないといけないなと思っています。

拍手[2回]

PR
サロン訪問記/リチュラル(北九州)
イタリア旅行記のみをお読みになりたい方はこちらのリンクへどうぞ。(ちょっと脱線もありますが)

お久しぶりのサロン訪問記、今回はちょっと番外でヘッドスパサロンさんのレポです。北九州市に最近オープンされましたみぅさぎさんのサロン、リチュラルさんにお邪魔してまいりました。





写真へぼくてすみません。私の携帯ではこのあたりが限界です。
古い一軒家を改造してサロンを作っていかれる様子を日々ブログで拝見していまして、どんな風になっているんだろうと楽しみにしていましたが、予想以上の出来栄えに感激しました。とても楽しんで工夫された様子が伝わってきます。
今年1月、みぅさぎさんがはじめてうちへいらした際「秋頃に北九州でお店を開きたい」というお話をうかがったのですが、まあだいたいこういうことは遅れるのが普通です。早くても多分来年春くらいじゃないかなあと思っていましたら、本当に秋にオープンされました。お仕事もずいぶん忙しかったらしいのにすごいことです。なんでも「絶対遅らせちゃ駄目だ」としゃかりきに頑張ったのだそうで…。頭がさがります。

「ヘッドスパ」という言葉をまだまだご存知ない方も多いと思いますが、リチュラルさんのパンフレットによりますと「頭皮、毛髪、リラクゼーションの3つを兼ね備え、美しく扱いやすいヘアスタイルをかなえる『頭のエステティックメニュー』」というものなのだそうです。なるほどクレンジングを用いて毛穴の汚れを落とし頭皮をマッサージして美容液をつけて、という手順はフェイシャルのエステと通じるものがありますね。「髪と頭皮に特化したエステ」と言ってもいいと思います。

すべての行程は頭をシャンプー台に乗せ体は専用のベッド(リチュラルさんご自慢のベッドで寝心地最高)に寝た状態で行われます。通常美容室でシャンプーの際に必須のビニール(?)のケープなどはつけず、着替えの必要もありません。

今回お願いしたのは「トリートメント リペアスパ」。これまで練習やイベントで頭皮のマッサージをしていただいたことはありましたが、やっぱり専用の環境でやっていただくと全然違います。日ごろのPC作業で凝り固まった頭皮をしっかりほぐしていただきました。シャンプーもいい香りだし、これまでになかったリラクゼーションですね。

さて、リチュラルさんではこの気持ちいい手技と心地いいベッドの威力で90%のお客様がすぐに眠ってしまわれるのだそうですが

なぜか一睡もしませんでした。わたくし。

決して決してリラックスできなかったわけではないのです。技術を盗もうなぞという大それたことをもくろんでいたわけでもありません。施術部位が顔や頭だとたまにこういうことあるんです(背中だと百発百中で眠るんですが)。次は絶対このベッドで贅沢な眠りをむさぼってみせますとも(違う方向ではりきっているような)。

スパ終了後、ブローをしていただいた後は髪の毛にするっと指が通るようになりました。普段の自分の髪の毛とはまったく違った手触りでした。そして何故だか帰りのJRでウトウトしてしまい、こんなことだったらなぜあのスパベッドで眠れなかったのだろうと天邪鬼な体質を恨んでみたりもしたのでした。



おみやげにいただいた宝石のように綺麗な石鹸。鉱石末が配合されているのだそうです。早速今朝洗顔してみましたらきめ細かい泡でしっとり洗いあがりました。

●励みになっています。よかったらクリックお願いします
(もしできることなら1日1回。どこまでもあつかましい)
FC2ブログランキング/アロマテラピー

拍手[0回]

サロン訪問記/ブレスイーズ青山(東京)
書きかけのまま手をつけられないでいた記事、ようやくアップ。1月の上京の際のサロン訪問記です。遅くなって本当にすみません。

前にもちょっと書きましたが今回の上京はなかなかハードでした。いつもだったらゆるゆるスケジュールで数時間セミナー受講の後、残りの時間は友達に会ったりぶらぶら買い物をしたりはたまたどこかのサロンでトリートメントを受けたり、どちらかと言えば遊ぶ方に忙しく過ごしておりましたので(それもどうなのか)今回のように朝から夕方までみっちりセミナーというのは珍しい。あれーおかしーなー、なんで今回はこんなハードなんだろと首を傾げつつどうにか手に入れた自由時間の一つがブレスイーズ青山さんでのトリートメントでした。

場所はセミナー会場の青山こどもの城のすぐ近く。実はこちら、東京時代に日曜だけお借りして週末サロンをやっていたところ、いわば古巣なんです(すいません厚かましくて)。
オーナーセラピストの木下さんとはmaroonのミナコさんと同様、私がサイトで練習相手を募集していた際ご連絡をくださったことがご縁のはじまり。当時は猫ちゃんが3匹いらしたのでお宅に練習にお邪魔するのが楽しみでした。数年前縁あって現在の場所でサロンをオープンなさりそれがちょうど当時の私の職場の近くだったこともあって、日曜だけお部屋をお貸しいただけることになったのです。あんなことやこんなことの思い出が沢山ある場所にお客としてお邪魔するのは懐かしいようなくすぐったいような。

さて、今回お願いしましたのは新メニュー、「Spaフェイシャル」のモニターコース。
ブレスイーズさんのブログでも紹介されていますが、ヨーロッパ初の滞在型スパ、シェーンハイツファームのメソッドとオーガニックコスメを取り入れられたものです。化粧水の代わりに芳香蒸留水を使うことはよくありますが、こちらでは専用にブレンドされたハーブティーを使うところが面白い。しかも冷やしているのではなく温かいままなのです。これがなんとも心地よくリラックスできるのですね。もちろん飲むこともできるハーブティーです。トリートメント後にいただきましたが、マイルドで飲みやすい味でした。

わたくしはといえば開始後またもやウトウト、時折感じるハーブティの温かさにあ~気持ちいいな~と浸っているうちに爆睡に突入、またもや何をされていたのかあまり覚えておりません…(ほら今回はセミナーの疲れもあったし…、などの言い訳も情けなや)。しかし終わってみますとお肌はもちもち、年末の頭痛で深くなった眉間のシワも心なしか改善されたような気がしたことでした(当社比)。
このフェイシャルではこちらの化粧品を使用されています。ご興味のある方は是非一度ご体験ください。とっても気持ちいいトリートメントです。

終了後木下さんとさくっと夕ご飯、と近くのカフェに入りましたところ時間が遅すぎ「あれもできません」「これも終わってしまいました」…。紆余曲折の後ようやくパスタにありつきましたが、何故か都会のど真ん中で夕食難民というおかしな夜でした。




ワークショップ/エジプトの香り キフィ
2008年3月14日または15日 14:00-16:00

古代エジプトで安らかな眠りのために用いられていたとされる香料、キフィ。
今回はそれをモチーフに蜜蝋を基材とした練香水を作ります。

拍手[0回]

サロン訪問記/maroon(東京)
今回ご紹介しますサロンは五反田のmaroonさん、実は数ヶ月前に一度お邪魔しているにもかかわらず訪問記を書くタイミングを逃しておりましたので今回がリベンジとなります。
3人のセラピストさんが運営されているこのサロン、そのうちのお1人ミナコさんは私が東京で週末サロンを始めるずっと前、大崎でお部屋を借りて練習をしていた時代に(この頃のことをご存知の方はどのくらいいらっしゃるのやら)モデルとしてお越しいただいて以来のお付き合い。当時すでにインストラクターの資格をお持ちだったと記憶していますが、以後順調にキャリアを重ねられ、他のお2人と2005年にmaroonをオープンなさいました。

東京は数日前に梅雨入り宣言が出ていたというのに殺人光線のような強い日差しが照りつける日でした。雨降りの福岡から来た私は仕方なく駅前の東急ストアで日傘を買う羽目に。こんなことなら準備して来るんだった…。
サロンまでは徒歩7〜8分。少し歩いただけで駅前とは景色が大きく変わります。このあたりは高級住宅街なのですね。坂の中腹にあるレンガ色の建物が、maroonさんのある島津山ハウスです。もともとは外国人用だったこの建物、現在は多くのクリエイターさんがオフィスを構えているだけあって実にお洒落なつくり。サロンも「栗色」の名の通り、木のぬくもりを感じさせるインテリアでまとめてあります。

お久しぶりのミナコさんとコンサルテーションそっちのけでお喋りしまくり、開始までえらく時間がかかってしまいました。長々すいませんでした。トリートメント前にお茶のおかわりいただいたのなんて初めてです…。
今回お願いしたのはオーガニック・フェイシャルのトリートメント。いつになるかわからないけれどフェイシャルメニューの導入を考えているわたくしにとっては勉強の一環でもあるのです。

ですが、

案の定トリートメントの大部分爆睡。

はっと目覚めたのがパックの直前だったのだから大間抜け。肝心なフェイシャルマッサージがほとんど記憶にありません…。もうどんなお約束だよって感じなのですが。
しかし終了後は誇張でなくお肌もちもちとなり、オーガニック化粧品のパワーを実感させていただきました(もちろん手技もです)。このフェイシャルトリートメントにはすでにかなりのリピーターさんもいらっしゃるとのこと、ミナコさんご自身も惚れ込んでおられるのがよくわかります。

終了後もひとしきりおしゃべりし次の約束に遅れそうになってあわててお暇する羽目になりました。次回は何が何でもしっかり目覚めた状態でトリートメントを受けなければなりません。お顔だけでなく全身をリラックスさせてしまうオーガニック・フェイシャルトリートメント、興味のある方は是非お試しください。




余談ですが、この前日にはシエスパに宿泊しておりました。爆発事故が起きた4日後にはもう福岡に戻っていましたが、自分が宿泊していた日に本館を巻き込むような爆発になった可能性だってあるのだと思うとゾッとします。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

拍手[0回]

オープン日決定/サロン訪問記
トリートメントモデルの受付は終了いたしました。色々な方にお越しいただいて本当にためになる楽しい日々でした。皆さんどうもありがとうございました。

15日よりドイツ研修に出まして、23日まで留守にいたします。
「かすみ屋」正式オープンは5月28日です。ご予約は私の帰国後、24日から承ります。よろしくお願いいたします。

さて、今日はサロン訪問記をひとつ。
正式開業の日も近づいたというのに他所のサロン、しかもお友達というわけでなく客として行ったところを紹介するのはどうかと思うわけですよ。しかもうちのめちゃくちゃ近くだし。それでも取り上げずにはいられないのです。こういうのを墓穴というのかも知れませんがどうか笑ってやってくださいませ。

起きたら背中が痛い。ああだいぶ疲れがたまっている、これはちょっとケアしなくては。こないだの整体はいまいちだったし何より今日はアロマトリートメントの気分、そんでもってどっか近いとこ、でもあんまりお金かけられない、安めで今日できるところだったら路面店かなあ、だけどヘタな人にあたったら嫌だしなー、とやな客モード全開でいろいろ検索してヒットしたのがこちら。

セラピールームHARADA

失礼を重々承知で申し上げますと「ずっと前にとりあえず作ったっきりなのね」ってなサイトなわけですよ。ブログなんてのも影も形もない、掲示板も放置状態、ネットの宣伝に重点を置いてないことは一目でわかります。サイトを重視する私の基準からは大きく外れるのです。おまけにセラピストは男性、えらくお安い料金…。
スルーしかけた私の手を止めたのは、セラピストがITECの資格をお持ちということでした。厳しいカリキュラムで知られているこの団体、色々問題はあろうとも私はここの資格者の施術でハズレを感じたことがないのです。ひょっとするかもとさらに検索をかけたらお客さんらしい方のブログにたどりつき絶賛されている記事を発見。当日予約もOKとのことだしこれは電話してみなければ!(もちろんメール予約なんざ受け付けておられないのですね)

結果は大アタリでした。少なくとも私的には。
てきぱき、さばさばした対応、「強め」とおっしゃる通り老廃物のたまった私には痛いけどポイントを的確におさえるトリートメント、気さくな先生(と呼ばせてください)は世間話をしながらどんどん施術を進めていかれます。それから男性にやっていただいて嬉しいのが手の厚み。適度に重くて安心感があるのです。これだけは女性に真似できるものではないですね。
終了後はほんとうにスッキリ。だるさも頭痛もありません。今日の私が異様なまでに活動的であったことがトリートメントのレベルの高さを物語っています。

なんでこんなにお安くできるんですかと思わず出た私のぶしつけな質問に「これでも値段上がったんだよ、前からのお客さんには高いねっていわれますよ。それにうちは素敵なお部屋なんてものもないし」とのお答え。確かに実用一点張りの雰囲気で、女性の目を楽しませるようなものはほとんどありません。私の選んだコースにはフットバスもついていませんでした。要するにここは一切の付加価値をそぎ落とし、トリートメントのみで勝負されているのです。
もちろん、アロマサロンのトリートメント以外の部分が無駄と言っているわけではありません。そちらを重視なさるお客さんだっていらっしゃるわけですし(自分だってそっちで勝負する部分もあるわけですし…)。要は価値観の問題ですね。

やっぱりネットにはあまり興味がおありにならないようでした。私がサイトを見て来たというと「うちのホームページって、どうやったら検索に出てくるの?」と逆に質問されてしまいました。SEO対策なんてのも無用の長物らしく、あんまりヒットして流行りすぎても、前からのお客さんが来れなくなってしまうので困るのだそうです。まあうちで紹介したくらいではアクセスも大して増えないでしょうが…。
雰囲気ぐるみで癒されたい場合には向かないかもしれません。男性のセラピストに抵抗がなく、純粋に技術をお求めになる方にはお勧めです。私もドイツから戻ったらリピートさせていただきます。

あ、「かすみ屋」にも来てくださいね。

拍手[0回]


 top
プロフィール
NAME:  かすみはら(かすみ屋)
福岡市中央区大名でひっそりとアロマサロンをやっています。エッセンシャルオイルに限らず、いい香りのお話が大好物です。香水作りのワークショップ、セラピストさんの勉強会なども時々やっています。
mixiコミュニティ:Aromahausかすみ屋
このブログの内容の無断転載や配布はお断りいたします。引用する場合は、媒体に関わらず当ブログが出典であるとわかるよう明記してください。 詳細はこちらまで。
ブログ内検索
Twitter
http://twitter.com/kasumiya
時々なんかつぶやいています。よかったらフォローしてやってください。
登録リンク集様
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]