忍者ブログ
福岡市のアロマサロン「かすみ屋」の日記。お手軽なアロマレシピや香りにまつわるお話をお届けします。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ユリの香り
コンサートのお手伝いに行きましたら、花束のおすそ分けをいただきました。季節柄なのでしょうか、とても鮮やかなピンクのユリです。

070812_1.jpg

なので昨日から家中ユリの香りで一杯。甘いというより重いと表現するにふさわしいこの香りが苦手な方もいらっしゃるようですね。私も大好きというほどじゃありませんが嫌いでもないといったところです。がつんとくる香りではないんですが、じわじわ空気中にしみこむ感じと言いましょうか。わけわからんですが。

たまに「ユリの精油ってないんですか」と訊かれることがありますが、私の乏しい経験上ではお目にかかったことがありません。
手元の資料をざっと調べたところによりますと、20世紀の始め頃にマセレーション(温めた油脂に香気成分を吸着させる方法)、もう少し時代が進んでからは溶剤抽出法によりユリ精油が抽出されていたとのこと、あんまり採油率もよくなさそうだし、おそらく現在は合成香料が主流で精油はあってもごくわずかなのではないかと思います。精油になったら花の香りとどんな風に違うのかとても興味がありますが、お目にかかれる可能性は低そう。

ユリの香りは古代より「官能的」と称されてきましたが、その反面聖母マリアの純潔のシンボルでもあります。多くの伝承があり、調べ甲斐のありそうな植物ですね。

おまけ:
(写真左)舞台側から撮った客入れ前のホール。
(写真右)緊張しつつ座っていた照明調整のブース
070812_2.jpg  070812_3.jpg

今回のコンサートは東京時代の声楽の先生のリサイタルでした。
1日だけとお手伝いを頼まれ、裏方好きのわたくしいそいそと出かけてゆきましたら、連れて行かれたのは舞台袖の照明ブース。「このボタンで調整してね。ついでに陰アナ(開演とか休憩のアナウンス)もお願いできる?」

こっこんな失敗が客席にもろバレになる部署なんて!

せいぜいキップ切りとか舞台でピアノ動かすとかくらいだろと思ってたので慌てました。出演させられたのと同じくらい緊張しまくりでしたがどうにかつつがなく終了して一安心。やっぱり生の音楽、生の歌声っていいですね。

拍手[0回]

PR
comments**
無題 
照明係にアナウンスですか・・・。
凄いこと任せられましたねープレッシャーに弱い私は倒れそうですが(笑)
何事も無く・・・良かったです(残念)

以前、サロンにユリの花飾ったら
「私、ユリの匂い嫌いなのよ・・・。」
とお客様に言われて焦ったー。
** 2007/08/12 23:16 | Posted by imohami
無題 
終わったときにはかなり肩が凝ってました。慣れないことやったもんですから。いい経験になりましたが。

ユリの香りは要注意かもね。一輪で結構強く香るしね。
** 2007/08/12 23:30 | Posted by かすみはら
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 38 - 36 - 35 - 34 - 77 - 33 - 32 - 31 - 30 - 29 - 28
prev  top next
プロフィール
NAME:  かすみはら(かすみ屋)
福岡市中央区大名でひっそりとアロマサロンをやっています。エッセンシャルオイルに限らず、いい香りのお話が大好物です。香水作りのワークショップ、セラピストさんの勉強会なども時々やっています。
mixiコミュニティ:Aromahausかすみ屋
このブログの内容の無断転載や配布はお断りいたします。引用する場合は、媒体に関わらず当ブログが出典であるとわかるよう明記してください。 詳細はこちらまで。
ブログ内検索
Twitter
http://twitter.com/kasumiya
時々なんかつぶやいています。よかったらフォローしてやってください。
登録リンク集様
アクセス解析
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]