忍者ブログ
福岡市のアロマサロン「かすみ屋」の日記。お手軽なアロマレシピや香りにまつわるお話をお届けします。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月のレシピ/松と柑橘のアロマバス
松(パイン)+柑橘系のブレンドのバリエーションをいくつか。お正月の飾りを眺めていて思いついたレシピです。
ユズやヒバなどの和の精油をお持ちの方はそちらをお使いになっても良いかもしれませんね。

用意するもの:
重曹大さじ2(粗塩、コーンスターチなどを加えてもよい)
ジャムの空き瓶など口が広めのガラス瓶
精油 5〜6滴

使い方:
・蓋つきの瓶に重曹大さじ2杯程度を入れる
・精油をたらす
・しっかり蓋をしてしゃかしゃか振る そのまま風呂場へ
・まず湯船に重曹の半分を入れて入浴し、途中で残りを足す

精油は水に溶けませんので、何らかの基剤に混ぜてお湯に入れるようにしてください。
蓋つきの瓶を使うのは混ぜる手間を省き、中身を2回に分けて使うことができるためです。
面倒だったら最初に全部入れてしまっても大丈夫ですが、終わりごろには香りが飛んでしまっているかもしれません。途中から足す方式にしておけば最後まで香りを感じながら入浴できると思います。
キャリアオイル(植物オイル)に精油をたらしてバスオイルに、というレシピを時々見かけますが個人的にはおすすめしません。ぬるぬるして掃除が面倒です。滑りますし。

私は「パイン精油」としてスコッチパイン Pinus sylvestrisと海岸松(シーパイン)Pinus pinasterの2つを主に使っていますが、時にはブラックスプルース Picea marianaもパインのように扱うことがあります。今回は針葉樹の雰囲気を出せればいいので、パイン精油をお持ちでない方はローズマリーなどで代用してもOKです(手軽にできる、ということが一番ですので)。
個人的にオレンジはあんまり針葉樹系とあわせる気になれません。どうしても甘すぎるように感じてしまうのです。

● No.1
レモン 4滴
パイン 2滴
もっともシンプル。要するに基本の組み合わせ。
これだけでも十分いい香りですが、他の要素がちょっと入るとまた面白いのです。

● No.2
グレープフルーツ 2滴
ティーツリー 2滴
パイン 2滴
やや男性的で薬っぽく、甘さがかなり控えめの香り。

● No.3
レモン 1滴
ライム 2滴
シダーウッド 1滴
パイン 2滴
こちらもきりっとして甘さ控えめ。森林のイメージが強くなると思います。ライムがこのブレンドの要です。

● No.4
マンダリン 2滴
ベルガモット 1滴
ヒノキ(ヒバでも) 1滴
パイン 2滴
ヒノキが入るので少しやわらかめの樹の香り。マンダリンはできればグリーンのものを。
なければベルガモット3滴で。

拍手[0回]

PR
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 112 - 111 - 109 - 107 - 106 - 104 - 105 - 97 - 96 - 95 - 94
prev  top next
プロフィール
NAME:  かすみはら(かすみ屋)
福岡市中央区大名でひっそりとアロマサロンをやっています。エッセンシャルオイルに限らず、いい香りのお話が大好物です。香水作りのワークショップ、セラピストさんの勉強会なども時々やっています。
mixiコミュニティ:Aromahausかすみ屋
このブログの内容の無断転載や配布はお断りいたします。引用する場合は、媒体に関わらず当ブログが出典であるとわかるよう明記してください。 詳細はこちらまで。
ブログ内検索
Twitter
http://twitter.com/kasumiya
時々なんかつぶやいています。よかったらフォローしてやってください。
登録リンク集様
アクセス解析
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]